クラクラめまいは病気の危険性アリ~症状が現れる前に予防する~

看護師

アレルギー性鼻炎の治療

悩み

花粉症などのアレルギー性鼻炎は、新宿の耳鼻科で治療が受けられる。アレルギー性鼻炎を予防するには、室内を綺麗に掃除をしたり、室内でペットを飼わないようにすることが必要である。アレルギー性鼻炎の患者の日常生活の注意点は、新宿の耳鼻科で説明してもらえる。

Read More...

誰にでも起こります

doctor

原因のほとんどは耳の病気

イスから勢いよく立ち上がった瞬間に立ちくらみを感じたり、めまいは健康な人でも起きることがあります。一時的な症状であれば問題はありません。しかし症状が慢性化すると身体から何らかのSOSが発せられているといえます。人間がまっすぐに立ったり歩いたりできるのは「平衡感覚」という体のバランスを維持する機能があるからです。この機能は耳の一番奥の内耳に存在します。内耳にトラブルがあると体の平衡感覚が崩れてめまいを生じます。このようなものを「末梢性めまい」といいます。一方、内耳から届いた情報は脳が理解して体に指令を出します。しかし脳にトラブルがあるとうまく指令を出すことができずにめまいを生じる時があります。このようなケースを「中枢性めまい」と呼び、ストレスや過労が原因の場合は「心因性めまい」といいます。

原因となる病気

中枢性のものは脳梗塞や脳出血、脳の血液循環が悪くなる病気や脳腫瘍によっても起こります。中枢性のものは頻度は少ないですが、危険なめまいといわれています。特徴はまめい以外にも激しい嘔吐や物が二重に見えたり、手足のしびれなどが併発することです。複数の激しい症状が伴って現れたら病院を受診することが肝心です。末梢性のめまいを起す病気でよく知られているものにメニエール病と良性発作性頭位めまいなどがあります。前者は周囲のものが突然グルグル回っているような回転性のめまいが起こり、それに伴って耳閉塞感や難聴が起こります。後者は特定の姿勢を取った時に症状がでますが、自然に治まります。このケースは繰り返し行きますが、決して危険な病気ではありません。症状が出る頭位に慣れると起きなくなります。

耳のトラブルありますか

病院

病気による難聴や老人性難聴は、補聴器の装用によって自分のライフスタイルを快適にしてくれます。自分の聴力レベルを知ると、どのような補聴器を選んだらよいかわかるため、耳鼻科にて聴力検査をするとよいでしょう。

Read More...

自分に合ったものを選ぼう

女性

補聴器を販売店で購入する場合には、一人ひとりの聴力や希望に合わせて選ぶということが大切です。レンタルサービスを行っているところであれば、購入する前には必ずレンタルサービスを利用することで、安心して購入することが出来ます。

Read More...

Copyright© 2015 クラクラめまいは病気の危険性アリ~症状が現れる前に予防する~All Rights Reserved.